PR

産経WEST 産経WEST

ただいま参上!尼崎城 尼崎出身のデュオ「あまゆーず」がイメージ曲制作 8日のイベントで初披露

Messenger

 兵庫県尼崎市出身の元保育士によるデュオ「あまゆーず」が、来年3月に一般公開が始まる尼崎城のイメージ曲「ただいま参上!尼崎城」を制作した。子供たちにも尼崎城の魅力を楽しく知ってもらおうと、城の歴史などを歌詞に盛り込みつつ、口ずさみたくなるような親しみやすいメロディーに仕上げた。8日開催のあまがさき歴史音楽祭で初披露する。(中井芳野)

 あまゆーずは平成14年、「あーやん」の愛称の寺内章華(あやか)さん(35)と「ゆーみん」の愛称の浜田由美子さん(34)の2人で結成した。120曲以上のオリジナル曲を手がけているほか、市制100周年記念には市のPR曲「あまがすき」を制作するなど、尼崎に密着した活動を続けている。

 今回のイメージ曲は「尼崎城を多くの人に知ってもらう機会になれば」と、あまゆーずが昨冬に市へ制作を打診。建設途中の城の見学や城の屋根となる一枚瓦の記名会などに足を運びながら曲を仕上げた。歌詞では、尼崎の幻の銘菓といわれる「らん巾」や、城を築城した尼崎藩主・戸田氏鉄(うじかね)についても触れている。曲は、10月下旬に動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開する予定。

 浜田さんは「市民のみなさんと歌って踊りながら、尼崎城の再建を喜びたい」と笑顔をみせた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ