PR

産経WEST 産経WEST

AIロボ、通天閣の行き方教えます JR西が案内システムの実証実験

JR大阪駅で行われたAI技術を活用した案内システムの実証実験=2日午前、大阪市北区(柿平博文撮影)
Messenger

 JR西日本は2日、大阪駅構内の観光案内所で、AI(人工知能)技術を使い、関西で増加する外国人観光客らに案内ができるロボットの実証実験を開始した。4台の異なる特徴を持つシステムを順次、大阪、京都両駅で実証実験し、結果をもとに将来的な導入を目指す。

 この日、大阪駅に設置されたのは人の顔や音声を検出するカメラなどを備えたロボットと対面するタイプで、高さ180センチ、幅70センチ。観光地や駅への行き方がわからない観光客らが「通天閣はどうやって行くのか」などと日本語もしくは英語で尋ねると、音声や画面表示で電車の乗り場や乗換駅などを案内する。

 鉄道路線のほか、駅構内のトイレやコインロッカー、近隣の商業施設や観光地、ホテルなどの案内が可能。答えられなかった質問やイントネーションなどを蓄積し、学習する機能も備えているという。

 実証実験は来月15日まで。ロボット型のほか、液晶パネル型などの機能や使いやすさなどを検証する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ