PR

産経WEST 産経WEST

豪雪で財政難の福井市 施設売却で民間から意見

Messenger

 2月豪雪による財政難で財政再建を進める福井市は民間譲渡や売却、廃止を想定している8施設について、民間事業者から活用策や意見を聞く「サウンディング型市場調査」を行うと発表した。11月9日まで参加を募集する。

 民間譲渡を想定しているのは、国民宿舎鷹巣荘▽美山森林温泉みらくる亭▽すかっとランド九頭竜とすこやかドーム▽美山楽く楽く亭の宿泊・日帰り入浴関連施設と、食事・体験施設のごっつおさん亭の計5施設。鷹巣荘は一体的な活用が期待できるリゾート開発整備事業用地を含めた譲渡を検討し、ごっつおさん亭も隣接のそば工房「木ごころ」を含める。

 廃止する方針の美山庭球場「ウインク」は、みらくる亭や美山楽く楽く亭との一体的な活用が期待できるほか、貸館施設「マイドーム清水」も飲食店や福祉施設としての需要が見込まれるとし、民間から意見を聴いて民間譲渡による存続の可能性を探る。

 このほか、売却予定の屋外多目的グラウンド「ジュニアグラウンド」も参入しやすい公募条件を把握する。

 10月17~22日に現地説明などを行う。募集終了後、11月19~30日に民間から意見を聴き、来年1月に概要を公表する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ