PR

産経WEST 産経WEST

樋田容疑者、逃走中に広島滞在か しまなみ海道渡り

大阪府警が公開した、逃走前(左)と加重逃走容疑で逮捕後の樋田淳也容疑者
大阪府警が公開した、逃走前(左)と加重逃走容疑で逮捕後の樋田淳也容疑者

 大阪府警富田林署から逃走した無職、樋田淳也容疑者(30)が加重逃走容疑で逮捕された事件で、樋田容疑者と同行していた男(44)が「広島県呉市や広島市に滞在した」と話していることが1日、捜査関係者への取材で分かった。原爆ドームや大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)を訪れたという。

 樋田容疑者は山口県周南(しゅうなん)市で身柄を確保されており、富田林署捜査本部は男とともに四国から広島に入り、旅行者を装って西進したとみている。

 捜査関係者によると、男は9月上旬、愛媛との県境にある香川県観音寺市の道の駅「とよはま」近くで樋田容疑者と知り合ったと説明。

 愛媛県今治市と広島県尾道市を結ぶ「しまなみ海道」で本州に渡り、呉市や広島市を通って山口県に入ったとみられる。

 9月18~28日は、山口県周防大島町や上関(かみのせき)町の道の駅に滞在。29日に周南市の道の駅で食料品を万引したところを取り押さえられた。

 

 捜査本部は1日、情報提供のための専用フリーダイヤルを廃止した。今後、富田林署((電)0721・25・1234)で情報を受け付ける。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ