PR

産経WEST 産経WEST

神戸の73歳住職、妻絞殺の疑い逮捕 兵庫県警

Messenger

 自宅で妻の首を絞めるなどして殺害したとして、兵庫県警長田署は1日、殺人の疑いで、神戸市長田区海運町、満福寺住職、志保見文彦(しほみ・あやひこ)容疑者(73)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は9月30日ごろ、寺の敷地内にある自宅で、妻の暢子(のぶこ)さん(71)の首を絞めるなどして殺害したとしている。

 同署によると、1日午前5時45分ごろ、志保見容疑者の長男が「父が母を殺した。すぐに行ってほしい」と同署に通報。署員が駆けつけたところ、自宅の風呂場で倒れている暢子さんを発見した。暢子さんの首にはひものようなもので絞められた跡があったほか、頭にも殴られた跡があったという。

 同署は司法解剖して死因の特定を進めるとともに、詳しい動機を調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ