PR

産経WEST 産経WEST

キバナコスモス色とりどり開花 香川・まんのう公園

香川県まんのう町の「国営讃岐まんのう公園」でキバナコスモスは見頃を迎えた=香川県まんのう町(塩田真里撮影)
Messenger

 香川県まんのう町の「国営讃岐まんのう公園」でキバナコスモスが見頃を迎え、来園者らの目を楽しませている。

 キバナコスモスはメキシコ原産で、黄色やオレンジなどの温かみのある色合いが特徴。大正時代に日本に初めて輸入されたという。

 咲いているのは、エントランス近くの茶室などがある「竹風庵」の周辺一帯。八重咲きの「ブライトライト」を中心に、鮮やかな黄色が目を引く一重咲きの「レモンブライト」が新しく加わり、5品種10万本の花が美しく開花している。

 同園の担当者によると、台風などの影響も少なく、例年通りのペースで見頃を迎え、今月上旬まで楽しめるという。

 高松市から来た60代の主婦は「一般的なコスモスとはまた違った雰囲気がありすてきだった」と話した。

 同園では11月4日まで「秋!色どりフェスタ」を開催。期間中には、23品種約50万本のコスモスが順次見頃を迎えるという。また10月14日に「働く車フェス2018」、同28日に「かりんまつり」など、土日を中心にさまざまなイベントが予定されている。

 問い合わせは同公園管理センター((電)0877・79・1700)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ