PR

産経WEST 産経WEST

憧れの名店ずらりフランスレストランウィーク2018、「大阪産(おおさかもん)」にフォーカスしたメニューも登場

Messenger

 最後は「大阪府特産無花果(いちじく)“宝石フィコ”を2種類の仕立てで バニラ香る熱々のパピヨットと冷たく仕上げた無花果のマリネ」。

 大阪府は無花果生産量全国3位の一大生産地のひとつだが、府立環境農林水産研究所(羽曳野市)では、これまで大阪で栽培されていた「桝井(ますい)ドーフィン」より糖度が高く味が濃い高濃度のミニ無花果「宝石フィコ」を開発した。

 2、3年後に本格流通を見込んでいるが、何と言っても特徴は「甘くて濃厚なうえ、皮ごと食べられて、皮に香りがある」(倉料理長)こと。

 この「宝石フィコ」を、バニラビーンズやポートワインを使ってパピヨット(油をひいた紙などで材料を包み、オーブンで焼いた料理)に仕立てた。確かに普通の無花果より水分が少なく、甘みやおいしさが凝縮された感じ。マリネの方では、そうした特徴がよりはっきり味に出ている。

 倉料理長は「希少品種で、現状、供給量が少ないが、素材としては素晴らしい。安定供給が可能になれば、毎年使いたいくらいです」と絶賛する。

 コースでは、この後、小菓子とコーヒーが付く。

 また、コースに合わせたおすすめのワインとして、100年以上の歴史を有する西日本最古の「カタシモワイナリー」(大阪府柏原市)のワイン「合名山」も提供する。さっぱりと飲みやすく、これらのメニューと相性ぴったりだ。

 今回の企画について南和憲(みなみ・かずのり)総支配人は「普段、さまざまな形でお世話になっている生産者のみなさんへの恩返しのひとつだと思っています。特に今年はさまざまな災害などで、被害を受けた大阪府下の農家も少なくないので」と話している。

 ランチ・ディナーともに5000円(税・サービス料込)。完全予約制で、予約は公式サイト( https://francerestaurantweek.com/ )か、電話で直接、ラ・フェットひらまつ(06・6233・1139)へ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ