PR

産経WEST 産経WEST

「取りあえず来てみたが困った」途方に暮れる女性客 台風24号で近畿の交通機関、大幅に乱れ

台風24号の接近で新幹線が計画運休し、JR新大阪駅の改札で外国人に対応する駅員=30日午後
Messenger

 台風24号の接近を受け、JR大阪駅(大阪市北区)では30日、「正午以降の運転はありません」とアナウンスが響き、利用客の一人は「仕方がない」と諦め顔で話した。駅の案内所では情報を求める外国人の姿が目立った。

「他の手段を分かりやすく教えて」懇願する中国人客

 孫たちと神奈川県の箱根旅行を楽しんだ奈良県三郷町の会社員、中上克己さん(59)は奈良に戻る時間を早めた。大阪駅でバスに乗り換える際、「もう少し孫と遊びたかったが、仕方ない」と語った。京都に向かおうとしていた中国人の男性旅行客は「他の交通手段を分かりやすく教えてほしい」と話した。

 9月4日の台風21号で被害を受けた関西空港(大阪府泉佐野市など)は2本の滑走路を閉鎖し、館内放送で空港からの交通手段がなくなることを多言語で何度も呼び掛けた。

 関空内のほとんどのテナントも閉店したが、明日の飛行機を待つためか、ロビーには約300人が残留。空港の案内所で中国語や英語で情報を求める外国人も多かった。

 和歌山でのアイドルグループのコンサートが台風で中止になり、福岡市の自宅に帰るという大学1年の女性(19)は「バスも動いておらず、取りあえず来てみたが困った」と途方に暮れていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ