PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】苦戦続き、来季の展望に懸念

【阪神対DeNA】8回、選手交代を告げる阪神・金本知憲監督=9月27日、甲子園球場(山田喜貴撮影)
Messenger

 金本知憲監督(50)の来季続投意欲が場合によっては減退する可能性があります。阪神は130試合消化時点で58勝70敗2分の借金12。CS圏の3位・DeNAとも3・5ゲーム差の5位で崖っぷちです。苦戦続きの現状の上、来季展望にも懸念が生じています。26日に行われた球団首脳のオーナー報告会では指揮官が求める浅村(西武)らFA補強についてゼロ具申ゼロ回答。さらに10月25日のドラフト会議で即戦力投手を求める鉄人プランも“却下”の雲行きです。「来季が勝負」とする金本監督はこれらをどう受け止めますかね。

大型連戦と相次ぐ故障者

 まさに地獄の大型連戦になってしまいます。130試合消化時点で58勝70敗2分の借金12、CS圏の3位・DeNAとも3・5ゲーム差となった阪神はここから巻き返す、という希望的観測をとても見いだせない状況です。ズルズルとどこまで負けるのか…。先に立つのは危惧や不安ばかりですね。

 残り13試合はすべて連戦。先発投手陣が苦しい上に、北條、原口、藤川球児ら投打に故障者が続出して、戦力ダウンも招いています。27日のDeNA戦(甲子園球場)も3ー4と破れて、本拠地・甲子園球場での成績は19勝35敗2分。甲子園球場での最多敗戦は1995年の38敗(23勝)ですが、暗黒時代のワースト記録に後3敗で並びますね。試合後の金本監督のコメントも短くなる一方ですが、敗軍の将兵を語らず…というか、語るべきポイントも見当たらないようになってきたのかもしれません。まさに暗黒再来…です。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ