PR

産経WEST 産経WEST

滋賀・彦根の近江牛店で一酸化炭素中毒

Messenger

 滋賀県警彦根署は29日、同県彦根市本町の飲食店「近江肉 せんなり亭 伽羅(きゃら)」で今月28日夜に食事をした彦根市、米原市などの来店客計12人が目まいや体調不良などを訴え、一酸化炭素中毒と診断されたと発表した。

 同署によると、症状を訴えたのは4~34歳の男女12人。28日午後6時ごろから午後9時ごろまでの間、同店で飲食した後、目まいなどの症状が出た。うち数人が検査入院をしたが、12人全員の症状は快方に向かっているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ