PR

産経WEST 産経WEST

台風24号、沖縄に接近 知事選期日前投票、一部で中止

猛烈な風が吹く那覇市内。倒れた街路樹が道を塞いでいた=29日午前、沖縄県那覇市(川口良介撮影)
Messenger

 大型で非常に強い台風24号は29日、沖縄にかなり接近し、那覇市の南西の海上を北に進んだ。動きが遅く、沖縄・奄美で影響が長時間続く見込み。30日には勢力を維持したまま西日本に接近・上陸し、10月1日にかけて東日本や北日本に接近して列島を縦断する恐れがある。

 気象庁は広範囲で暴風や高波、大雨への厳重な警戒を呼び掛けている。

 沖縄県選挙管理委員会によると、台風24号の影響で29日までに、県内自治体の半数以上に当たる23市町村が知事選の期日前投票の中止を決めた。

 県によると、28~29日にかけて、風にあおられ転倒するなどして男女5人が軽傷を負った。

 日航グループや全日空など航空各社によると、29日の便は、沖縄や鹿児島の空港を発着する路線を中心に計400便以上が欠航し、影響旅客数は3万8千人超に上った。

 4日の台風で滑走路が浸水し、一時閉鎖した関西国際空港では、土嚢(どのう)を準備するなど対応に追われた。

 気象庁によると、29日午前、沖縄県南城市で55・0メートル、那覇市で50・8メートルの瞬間風速を観測した。沖縄県では24時間雨量が100ミリを超える地点が相次いでいる。30日から10月1日にかけて、秋雨前線や台風本体の雨雲の影響で西日本から北日本も大雨になる見込み。

 台風24号は29日午前9時現在、那覇市の南西約120キロを時速約15キロで北に進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心の東側280キロ以内と西側220キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、北東側650キロ以内と南西側560キロ以内が風速15メートル以上の強風域となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ