PR

産経WEST 産経WEST

新規会員登録を中止 仮想通貨交換サイト「Zaif」運営のテックビューロ発表

Messenger

 仮想通貨交換サイト「Zaif」を運営するテックビューロ(大阪市)は28日、約70億円相当の仮想通貨が流出した問題を受け、取引に必要な会員登録の新規受け付けを一時中止したと発表した。「流出に遭った顧客の被害回復に集中するため」としている。

 テックビューロは顧客の資産を守るため、金融情報サービスを手掛けるフィスコのグループ会社に50億円の金融支援を要請しており、9月下旬に資金提供が実行される前提で交渉を進めていると説明してきた。この点について、広報担当者は「現状で発表できることはない」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ