PR

産経WEST 産経WEST

聴覚障害者が初の提訴 同意なく不妊手術 兵庫の夫婦2組

Messenger

 旧優生保護法(昭和23~平成8年)下で同意なく不妊手術などを受けさせられた兵庫県内の聴覚障害者の夫婦2組が28日、手術は自己決定権を保障する憲法に違反し、法改正後も救済措置を怠ったとして、国に計4400万円の損害賠償を求める訴訟を神戸地裁に起こした。旧法をめぐり聴覚障害者が訴えるのは全国で初めて。

 原告は県内在住の70代夫婦と、同県明石市の小林宝二(たかじ)さん(86)と妻、喜美子(きみこ)さん(86)。

 訴状などによると、喜美子さんは妊娠後の昭和35年7月ごろ、本人への説明や同意もなく中絶・不妊手術を受けさせられた。70代夫婦の夫は結婚前の43年、同様に断種手術を受けさせられたという。

 両夫婦は、証言や手術痕などを元に優生手術を受けたと主張。憲法で保障する妊娠・出産を選択する自己決定権を不当に奪われたとしている。

 提訴後に会見した宝二さんは「なぜ私たち夫婦に子供ができないのかと長い間、苦しみ続けてきた。同じ境遇の障害者に代わって戦いたい」と話した。

 旧法をめぐっては、別の女性2人もこの日、国に損害賠償を求めて大阪地裁と仙台地裁に提訴した。旧法をめぐる訴訟の原告は全国で計13人となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ