PR

産経WEST 産経WEST

阪神電車で乗客やけど、原因は誤ってこぼした業務用洗剤だった…過失疑いで料理人書類送検 兵庫県警

Messenger

 阪神電鉄の急行電車で今月3日、ぬれたシートに座った乗客が尻にやけどを負った事故で、兵庫県警は28日、誤ってシートに業務用洗剤をこぼしたとして、過失傷害の疑いで大阪市に住む20代の料理人の男性を書類送検した。捜査関係者が明らかにした。

 捜査関係者によると、男性は職場にあった強アルカリ性洗剤をペットボトルに移し替え、自宅の掃除に使うためにリュックに入れていた。3日は出勤のために梅田発西宮行き急行に乗車。洗剤がこぼれて自分の服がぬれていることに気付き、慌ててボトルを車内に放置して甲子園駅(兵庫県西宮市)で下車した。

 付近の防犯カメラに、ぬれた服を気にしながら歩く様子が写っていた。県警によると「こぼした認識はあるが、少量だと思い込み大事にならないと考えていた」と供述している。

 折り返し運行で梅田行きになった後、乗客の男性会社員が知らずに座ってやけど。ぬれていることに気付いた直後から尻に痛みを感じ、病院で約1カ月の「化学熱傷」と診断された。その後の治療で約6カ月の重傷と判明した。

 書類送検容疑は3日午前10時半ごろ、電車内で洗剤を誤って座席にこぼし、その後に座った50代の会社員にやけどを負わせた疑い。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ