PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】コメよりパンを多く買う日本の家庭…4年連続で続く国統計のワケは

大阪・梅田の人気パン店。昼時になると、行列ができる=大阪市北区
Messenger

 日本の1世帯あたりのパンに対する支出額が4年連続でコメを上回っているという国の統計がある。コメの支出はかつてパンの3倍以上あったが、平成23年に逆転。24、25年は再びコメがパンを上回ったものの、その後の4年はパンの方が多くなっている。コメは長く日本人に愛されてきた主食だが、今やパンの方を好むようになったのだろうか。取材を進めると、現代の日本の家庭ではパンや家で炊いたご飯だけでなく、市販のおにぎりや弁当、インスタントラーメン、パスタなど多様な選択肢から「主食」を選んでいることがわかってきた。(張英壽)

右肩下がりのコメ支出額、年々差が縮まる

 総務省が実施している家計調査では、食料品や衣料、電気製品などさまざまな項目の年間支出額を算出している。昭和60年では、1世帯あたり(2人以上、農林漁業世帯を除く)で、コメが7万5302円に対して、パンは2万3499円と3倍以上の差があった。

 だが、その差は年を追うごとに縮まり、平成7年にはコメ5万2852円に対し、パンは2万7898円と半分強に。23年はコメ2万7777円に対し、パンは2万8371円となり、昭和60年以降で初めてパンがコメを上回った。平成24、25の両年は再びコメが上回ったが、26年から昨年まで4年連続でパンの方がコメより多くなっている。

 26年はコメ2万5347円、パン2万9345円、27年はコメ2万3223円、パン3万677円、28年はコメ2万3774円、パン3万468円、昨年はコメ2万3880円、パン3万84円。この4年は、パンがコメの1.2~1.3倍程度となっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ