PR

産経WEST 産経WEST

シェアリングエコノミー「とても便利」 西武大津店で説明会

シェアリングエコノミーの説明会で、子供の預かりサービスをする「AsMama」のスタッフ
Messenger

 時間、場所、物などを多くの人と共有して生活の質を高める「シェアリングエコノミー」を広めるため、大津市は26日、西武大津店(同市におの浜)で、シェアリングエコノミーのサービスを行う企業による説明会を始めた。30日まで。

 同市では、自転車のレンタル事業を行う「ofo(オフォ)」や家事のシェアを仲介する「タスカジ」などの企業がサービスを実施している。会場では、オフォなど4社が出展し、来場者にシェアの仕組みや利用方法を説明している。

 また、短時間の育児代行を仲介する「AsMama(アズママ)」は、おもちゃがある遊び場を作って、買い物に来た保護者の子供を預かる体験会を開催。長男(2)を預けて買い物を楽しんだ同市比叡辻の主婦、山極実加さん(35)は「シェアリングに不安感があったが、実際に利用したり知識を得たりするととても便利だと感じた」と話した。

 29日には使っていない駐車場や建物といった遊休資産の利活用などを行う5社が、30日には6社が追加でブースを設ける。

 また両日には、内閣官房シェアリングエコノミー伝道師の積田有平さんらを招いたパネルディスカッションを開き、全国でのシェアリングの取り組みなどを紹介するという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ