PR

産経WEST 産経WEST

「飛鳥ナンバー」3図案を公表 いずれにも飛鳥の象徴「朱雀」が 9月末からアンケート投票

Messenger

 飛鳥ナンバー協議会(事務局・奈良県橿原市企画政策課)は、平成32年度から交付される自動車用ご当地ナンバー「飛鳥ナンバー」の図柄入りプレートのデザイン案を発表した。3つの案とも飛鳥の象徴といえる朱雀(すざく)が描かれており、今月末からインターネットによるアンケート投票などを実施、国に申請する最終案を選ぶ。

図柄入りナンバープレートのデザイン案(飛鳥ナンバー協議会提供)
図柄入りナンバープレートのデザイン案(飛鳥ナンバー協議会提供)

 デザイン案は、(1)山をバックに飛翔する2羽の朱雀(2)躍動する朱雀(3)朱雀から伸びる虹-の3案。虹は橿原市や田原本町など、協議会を構成する5市町村をイメージしている。

 協議会は今年6月、デザイン案を制作する業者を公募。キトラ古墳の壁画にも描かれている朱雀などをテーマに5社がデザイン案を作成し、凸版印刷(本社・東京)がデザイナーらによる審査で最も高い評価を受けた。同社はさらに約10のデザイン案を追加。5市町村の首長らが審査し、その中から3つの案を選んだ。

 協議会では今月末から11月中旬まで、公式ホームページでアンケート投票を実施。また、5市町村のイベントなどでも投票を呼びかけ、最多票を得たデザインを国に申請する。投票には誰でも参加できる。

 飛鳥ナンバーをめぐっては、橿原市などが導入を目指したが、「登録台数10万台」という国土交通省の基準を満たせず、5年前に一度は断念。昨年、登録台数の条件が緩和されたため再挑戦し、今年5月に申請が認められた。

 協議会は、橿原市、田原本町、高取町、三宅町、明日香村のほか、橿原商工会議所や橿原青年会議所など計15団体で組織する。問い合わせは協議会事務局の橿原市企画政策課(電)0744・21・1108。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ