PR

産経WEST 産経WEST

【WOMEN】就業時間が短くてもOK 「ジョブシェア」で介護・育児と両立

「働く意欲がある人が、少しでも働ける世の中に」と話す藤原理絵さん=大阪府茨木市
Messenger

 育児や介護などに携わらなければならない女性は、就業時間の制限などのため、最終的には離職せざるを得ないケースも少なくない。郊外の住宅地に住んでいる場合、通勤時間も大きなネックとなる。こうした女性が、都心に出向くことなく“職住近接”で働くことのできる拠点施設「ジョブシェアセンター」が今年、大阪府茨木市に誕生し、注目を集めている。

労働力減少に対応

 同センターは、総合人材サービスのパーソルグループの関連企業、パーソルテンプスタッフ(東京都渋谷区)が設立したもので、さいたま市浦和区に続いて2拠点目。

 企業から、採用にかかわる人材募集の媒体選定や電話応対、面接のセッティングまでの採用代行など8つの業務を受託。その中からセンターで行うのに適した仕事を“切り分ける”。

 一つの業務は複数のスタッフでかかわり、しかも通常5人で回す業務であれば、10人が交代で担当する。スタッフが急に休まなければならない事態が生じても業務は滞らない。

 複数の人数が交代で携わっても問題が起こらないよう、業務の工程はマニュアル化され、スタッフが変わっても進捗状況が一目で分かるよう、工程の「見える化」にも気が配られている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ