PR

産経WEST 産経WEST

【衝撃事件の核心】郵便局の裏は「いじり」と「いじめ」 焼き肉店で加熱トング押し当て

Messenger

 一方の非正規社員の男は、被害男性について「同じミスを何度も繰り返し、叱責しても飄々(ひょうひょう)とした態度で反省している様子がなかった。ミスをみんながフォローしていたのに注意しても改善されなかった」と供述。焼き肉屋での傷害容疑については「酒には強いが、当日のことは酔っていて覚えていない」と容疑を否認している。

 2人は逃亡の恐れがないとして釈放され、在宅での捜査が続いている。被害男性は調べに「普段の仕事でミスが多く、よく叱責されたり、暴行を受けたりしていた。その積み重ねがエスカレートしたんだと思う」と話しているという。

 捜査関係者は「誰かが主導したわけではなく、被害者をいじる雰囲気ができていた。いじりといじめの境界が曖昧になり、ついには傷害事件にまで発展してしまったのでは」と指摘した。

 事件には、他の同僚も関与した可能性があったが、府警は立件を見送り、日本郵便による内部調査が続いている。被害男性と逮捕された2人は示談に向けた話し合いをしているという。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ