PR

産経WEST 産経WEST

村田製作所、400億円投資で島根に新工場

Messenger

 村田製作所は25日、スマートフォンや電気自動車(EV)など幅広い製品に使われている基幹電子部品を生産する新工場を島根県出雲市の工業団地に建設すると発表した。投資額は約400億円。

 新工場で生産するのは、積層セラミックコンデンサーと呼ばれる電子部品で、車1台あたり2千~3千個使用されており、EVでは約1万個に上る。次世代通信規格「5G」や自動運転技術の普及により、需要の拡大が期待されている。

 材料開発から生産まで高い技術が求められ、部品は最小で0・3ミリにも満たないサイズ。日本から輸出しても、大きなコストの負担にならないため、国内での生産を強化する。新工場は延床面積約4万平方メートルで、今年10月に着工し、来年11月に完成予定だ。

 福井県にも同じ部品を作る新工場を建設中で、全社での生産能力は平成31年度末までに約2割引き上げる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ