PR

産経WEST 産経WEST

鳥取・湯梨浜町のコアな情報満載「お宝探険MAP」、街の探検隊「ここホレ探検隊」が発行

完成したマップを披露する「ここホレ探検隊」のメンバーら
Messenger

 鳥取県湯梨浜町の店舗や観光スポットを紹介したマップ「湯梨浜お宝探険MAP」が完成した。同町商工会の有志らで結成した“町の探検隊”が足でかせいだディープな情報を満載し、30日から配布する。町商工会では「これを持って、まち歩きを楽しんでほしい」と期待している。

 マップのサイズは、折りたたむとA5判、広げるとA2判。町内の羽合(はわい)、泊、松崎の3エリアの地図に加え、面白い店主らが登場する「人物編」、個性豊かなショップなどを紹介する「お店・スポット編」などをイラストとともに盛り込んでいる。

 湯梨浜町は、町の真ん中にある東郷湖などでのウオーキングを売り物に、活性化を進めている。商工会は昨年11月、「歩くだけでなく、すてきな店との出合いも楽しんでほしい」とまち歩きマップ企画を立ち上げた。

 しかし、この種のマップによくある店名の羅列では「知ってもらえても、足を運んではもらえない」。そこで、町内で洋菓子店を営む朝倉真一さん(52)ら商工会の商業部有志と町民の10人ほどで「ここホレ探検隊」を結成、町の魅力を掘り起こした。

 「わくわくするマップにしたい」(朝倉さん)とメンバーは冬に町を歩き、出会った人から話を聞き出した。たまった取材シートは100枚以上。面白いことや熱い思いの人など、町民でも“知る人ぞ知る”情報が集まった。

 客のパーフェクトのスコアを店に張り出しているボウリング好きの中華料理店主▽“UFO”が撮影できる川岸▽イケメンの元アナウンサーが営む牛肉店-。出来上がったマップは、町の“体温”を伝えている。

 「町民も楽しめるコアな情報だから、町外から来た人にも楽しんでもらえるのでは」と朝倉さん。マップは2万部を発行。30日に泊漁港で開催される「ゆりはま大漁まつり」で配布を始め、10月から掲載店舗や県中部の道の駅、町内公共施設などに設置する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ