PR

産経WEST 産経WEST

カープ3連覇へM1 ファンが必勝祈願 マツダスタジアム近くの愛宕神社

マツダスタジアムでの試合観戦前に広島カープの必勝を祈願するファン=広島市東区の愛宕神社
Messenger

 カープ、今年こそ日本一を-。広島カープの球団史上初の3連覇で9度目のセ・リーグ優勝が目前に迫る中、本拠地のマツダスタジアム(広島市南区)の近くにある愛宕神社(東区)には、必勝祈願の全国のファンが次々と訪れている。

 「必勝祈願 広島東洋カープ」と書かれた赤いのぼりが立ち並ぶ愛宕神社。優勝マジック2で臨んだナイターのDeNA戦の開始を前にした23日午後も、神社にはマツダスタジアムで観戦する家族連れやカップルらの参拝する姿が見られた。ファンの熱い思いは、27年ぶりの地元胴上げだけでなく、すでに34年ぶりの日本一へ向けられており、歓喜の瞬間を思い描き、じっと手を合わせていた。

 「がんばれCARP みんなのCARP!!」「日本一になって新井さんの引退に花を添えられますように」。境内には、ファンのカープ愛にあふれた願いがつづられたボール形の絵馬約300枚が並ぶ。ユニホーム姿で参拝した三原市の50歳代の夫婦は「昨年は日本シリーズに進むことができず、悔しい思いをした。打つべき人が打って投手が踏ん張る、カープらしい野球で、今年こそ日本一を成し遂げてほしい」と力を込めた。

 神社では24日に地元町内会が中心となって「リーグ優勝・日本一祈願祭」が予定されている。神社総代の山城政之さん(80)は「今年はリーグ3連覇だけでなく日本一を願う参拝客が多い。地域をあげて優勝ムードを盛り上げたい」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ