PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】来季の戦力編成会議、FA補強に中田翔急浮上!?

【西武―日本ハム】2ランホームランを放った日本ハム・中田翔=8月4日、埼玉・メットライフドーム(高橋朋彦撮影)
Messenger

 FA中田翔獲りが最有力!? 13年ぶりのリーグ制覇の夢が断たれた阪神はCS圏内を目指し残り試合を戦う一方で、2019年に向けての“胎動”も始まっています。21日には遠征先の広島市内で球団幹部と金本知憲監督(50)が集まり、来季に向けた戦力編成会議が開催されました。監督就任4年目の勝負の年となる指揮官からはFA補強の要望が出されていますが、浅村(西武)や丸(広島)とともに急浮上している名前が“虎の恋人”中田翔内野手(29)=日本ハム=です。なぜか!? ノーモア・ロサリオの心理状態が隠されていますね。

 ペナントレースは大詰めを迎えました。広島のリーグ3連覇が最短では今日23日にも決定しますね。今季に13年ぶりのリーグ優勝を目指した金本阪神の夢は事実上、断たれています。

 「過去3年の中で一番強いチームができた。優勝して墓前に報告したいです」

 今季の開幕前、1月4日に享年70歳で逝去した星野仙一さんのお別れの会で涙ながらに誓っていた金本監督の思いはかなうことはありませんでしたね。勝負の世界は過酷で容赦ありません。強い者が弱い者を駆逐し、それが球界の歴史となっていくのです

 敗者にはそれぞれ敗因があります。阪神の場合はどうでしょうか。不動の4番一塁を期待したウィリン・ロサリオ内野手(29)の打撃不振が最も痛かったでしょう。昨季まで韓国のハンファで2年連続の30本塁打、100打点。MLBロッキーズではメジャー通算71本塁打。春季キャンプでは練習試合や紅白戦でアーチを連発し、首脳陣からは「こんな助っ人が欲しかったんや」と絶賛されていました。それが、シーズン開幕後はサッパリで、球団内外の情報を整理すると「今季限り」が極めて濃厚ですね。。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ