PR

産経WEST 産経WEST

猫約40匹を劣悪環境で飼育 名古屋の姉妹書類送検へ

Messenger

 不衛生な環境で約40匹の猫を飼育したとして、愛知県警北署は25日にも、動物愛護法違反の疑いで名古屋市北区の市営住宅に住んでいた49歳と48歳の姉妹を書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で22日、分かった。

 姉妹は今年4月上旬から6月上旬にかけて、当時、同居していた北区の市営住宅の一室で、排せつ物が堆積するなどの劣悪な環境で猫約40匹を飼育し、虐待した疑いが持たれている。姉妹は「ふん尿の処理が面倒になった」などと話している。

 同署によると、2人は昨年2月に市営住宅に入居した当初から多数の猫を飼育。去勢しなかったため今年に入って数が増え、汚物の処理が追い付かなくなった。猫の死骸も放置していたという。

 悪臭や鳴き声に対する近隣住民からの苦情を受け、名古屋市は今年1月、部屋の明け渡しを求めて提訴。名古屋地裁は3月、訴えを認めた。強制退去処分を受けて姉妹は6月に転居、市が猫約40匹を保護した。

 同市内の動物愛護団体が7月に同署に刑事告発していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ