PR

産経WEST 産経WEST

横澤夏子さん、福井知事を表敬 映画「えちてつ物語」PR

西川知事(中央)を訪問した横澤さん(右)と児玉監督=県庁
Messenger

 福井県のえちぜん鉄道を舞台にした映画「えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。」が11月3日から県内の5映画館で先行上映され、同23日から全国の映画園で順次公開される。先行上映を前に、タレントで主演の横澤夏子さんが21日、県庁の西川一誠知事を表敬訪問した。

 映画はお笑い芸人への夢が破れ、故郷の勝山市に帰ってきた山咲いづみ(横澤さん)のえち鉄道アテンダント(乗客乗務員)としての奮闘を通じ、ふるさとや家族愛を描く。俳優陣も緒形直人さん、松原智恵子さん、笹野高史さんら豪華な顔触れだ。勝山左義長まつりなどの撮影では大勢の市民がエキストラを務めた。

 映画は小説「ローカル線ガールズ」が原作。当初原作と同名のタイトルだったが、鉄道の愛称を前面に出すものに変更した。

 制作は勝山市出身のプロデューサー、河合広栄さんが4年前に企画。制作会社と映画配給会社「ギャガ」が契約して公開される。

 児玉宜久監督らとともに西川知事を訪問した横澤さんは「田園の風景が私の地元(新潟県)に似ている。おいしい食べ物がたくさんあって観光している感じだった」と述べた。面会後、「福井のよいところが詰まった映画なのでぜひ見てほしい」とPRした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ