PR

産経WEST 産経WEST

【浪速風】フラダンス振り付けも著作物 大阪地裁判決(9月22日)

判決を前に、フラダンスを実演する原告のカプ・キニマカ・アルクイーザさん=20日、大阪市の司法記者クラブ
Messenger

 「アロハ」には「ようこそ」の意味もあれば「さよなら」の意味もあるという。フラダンスでもよく踊られる名曲「アロハ・オエ」は「さよなら」か。明るいなかにも一抹の哀感を持つ。作曲はハワイ王朝最後の王だったリリウオカラニ女王。クーデターで王位を失い、19世紀末、楽園はアメリカに併合される。

 ▼矢口祐人氏「ハワイとフラの歴史物語」によると、曲が作られたのはクーデターよりも前らしい。けれども「さようなら、あなた、さようなら/木陰に住む魅力的な人よ」(同書)と歌われる曲には、王朝の終わりのイメージもどこか重なる。現地の人には格別の思いがあるかもしれない。

 ▼大阪地裁はハワイのフラダンス指導者の振り付けを著作物と認め、日本で教室を運営する九州ハワイアン協会に振り付けの使用差し止めなどを命じた。日本ではフラダンスブームが続いている。ハワイの歴史や文化を知り、舞踏も著作物とわきまえて、楽しくダンスを。

▼そのほかの【浪速風】を読む(こちらをクリック)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ