PR

産経WEST 産経WEST

天王寺動物園の「独法化」提言を報告 大阪市議会

Messenger

 天王寺動物園(大阪市天王寺区)の経営形態について協議している有識者懇談会は、現在の市直営よりも、効率的な運営が期待できる地方独立行政法人制度が望ましいとする提言をまとめた。市が21日に開かれた市議会建設水道委員会で報告。今後、課題などを整理し経営形態の検討を進める方針。実現すれば動物園の独法化は全国初となる。

 懇談会は、市が平成28年にまとめた中長期計画「天王寺動物園101計画」に基づき、同年9月に設置。来園者へのサービスや飼育技術の継承など動物園に求められる役割を踏まえ、ふさわしい経営形態について協議していた。

 市が設立者となる独法による運営は公共性・公益性を担保しながら、直営より専門人材の確保や事業・予算執行の自由度が高まるとして、懇談会では賛同する意見が多くを占めた。また、入園料以外の収入増加策などが今後の課題になるとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ