PR

産経WEST 産経WEST

淀川製鋼所も検査データ改ざん 生産設備部品、47社に納入

Messenger

 淀川製鋼所は21日、鉄鋼メーカーや製紙会社などに出荷している生産設備の部品で検査データを改ざんする不正があったと発表した。部品の硬さなど顧客と取り決めた品質を満たしていない製品で、検査成績表に実際とは異なる虚偽の数値を記載していた。現時点で47社への納入が確認されているという。

 問題があったのは、鉄鋼や紙、ゴムなどに圧力をかけて薄く延ばすのに使う「ロール」と呼ばれる部品。改ざんは慣習化していたとみられ、少なくとも5年前から行われたことが分かっている。大阪市の工場で製造され、平成29年度のロール事業の売上高は37億円。

 神戸製鋼所などのデータ改ざん問題を受けて内部調査したところ、今年5月、担当者への聴取で発覚した。今のところ不正によって納入先の生産設備や製造工程に影響が出た事例は確認されていないが、今後詳しい社内調査を行った上で対応を検討する。納入先の企業の具体名は明らかにしていない。

 同様のロール部品では、クボタも今月12日に検査データの改ざんがあったと発表している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ