PR

産経WEST 産経WEST

橋本健・元神戸市議「間違いありません」詐取認める 政活費690万円 懲役1年6月求刑

橋本健被告
Messenger

 架空の領収書を提出するなどして政務活動費(政活費)約690万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた元神戸市議の橋本健被告(38)は21日、神戸地裁(川上宏裁判長)での初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は「市議としての倫理観が欠如していた」として懲役1年6月を求刑し、即日結審した。判決は10月29日。

 検察側は冒頭陳述で、先輩議員から政活費を使い切るよう言われたことなどが動機で、交通費や飲食代に使っていたと指摘。論告で「手口は大胆で悪質だ」と非難した。

 橋本被告は被告人質問で「自由に使うお金を手に入れる都合のいい制度だと思った」と説明。つぶやくように話し、裁判長から「大きな声で」と促される場面もあった。

 最終弁論で弁護側は「反省を深めている」として寛大な判決を求め、橋本被告は「申し訳ない」と涙を流しながら声を絞り出した。

 起訴状によると、印刷業者名義の架空の領収書を提出するなどして、平成23~26年度の政活費計690万円をだまし取ったとしている。

 橋本被告は昨年、週刊誌で自民党の今井絵理子参院議員との交際が報道され、その後政活費の疑惑が相次いで浮上。昨年8月に市議を辞職した。兵庫県警が今年2月に詐欺容疑で書類送検し、神戸地検が在宅起訴していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ