PR

産経WEST 産経WEST

【エンタメよもやま話】新型iPhone発売、米アップルが“墓穴”掘る理由

新型「iPhone XS」発売。笑顔の女優、上戸彩さん=21日午前、東京・銀座のソフトバンク銀座(古厩正樹撮影)
Messenger

 さて、今週ご紹介するエンターテインメントは、久々となるIT(情報技術)系のお話でございます。

 本日9月21日、米アップルがスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新モデルを発売しました。昨2017年11月に発売された「iPhone X(テン)」の後継機ですね。

 最上位機となる「XS Max(テン・エス・マックス」は、これまでより大きい同社最大となる6・5インチ(約16・5センチ)の画面を搭載し、カメラ機能などを強化。5・8インチ(約14・7センチ)画面の「XS(テン・エス)」とともに画面に有機ELパネルを採用し、さらなる高画質を実現しました。

 価格は「XS Max(テン・エス・マックス)」が12万4800円から、「XS(テン・エス)」が11万2800円からとなっています。

 また、10月26日からは、6・1インチ(約15・4センチ)の液晶画面で価格を抑え、6色を展開する「XR(テン・アール)」(8万4800円から)も発売します。

 と、ここまで読めばわかるように、「X(テン)」の後継機ということもあるのでしょうが、新たな驚きの機能はなし。おまけに、従来の機能を強化した分、「X(テン)」から始まった“高価格化路線”がさらに進み、買いづらくなったのも事実です。

 そんなわけで、今回の新型アイフォーンの発表を機に、欧米では米アップルの経営戦略や、今後の動向を不安視する、結構シビアな報道が相次いでいます。今回の本コラムでは、そんな米アップルに関する話題です。

■「生活」か「娯楽」か…世界最大の市場では

 そもそも米アップルの経営戦略に関しては、昨秋、「iPhone X(テン)」が登場し、“高価格化路線”を打ち出した時点で既に、否定的な見方が大勢を占めました。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ