PR

産経WEST 産経WEST

無資格で法律事務疑い 法律事務所など家宅捜索 大阪地検特捜部

「あゆみ共同法律事務所」の大阪事務所から押収した資料を運び出す大阪地検の係官ら=21日未明、大阪市中央区(入沢亮輔撮影)
Messenger

 弁護士事務所の事務員らが無資格で法律事務を行っていた疑いが強まったとして、大阪地検特捜部は20日、弁護士法違反容疑で、弁護士法人「あゆみ共同法律事務所」の大阪事務所(大阪市中央区)などの関係先を家宅捜索した。

 事務員はインターネット関連会社「HIROKEN」(東京都目黒区)から派遣されており、特捜部は同社も捜索。特捜部は、事務員らが弁護士資格がないのに報酬目的で法律事務を行う「非弁活動」をしていたとみて捜査している。

 関係者によると、派遣された同社社員らは、弁護士資格がないのに、多重債務者らの依頼を受けて債務整理業務に従事したという。派遣先の弁護士事務所の弁護士も、無資格と知りながら事務員らに業務を任せていた疑いが持たれている。

 問題を把握した大阪弁護士会が昨秋、特捜部に相談していた。

 あゆみ共同法律事務所のホームページによると、同法人は東京にも事務所があり、債務整理や労働問題など幅広い分野を扱っている。一方、HIROKENは「街角相談所-法律-」というサイトを運営。多重債務者ら顧客を募り、あゆみ共同法律事務所などを紹介していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ