PR

産経WEST 産経WEST

【宝塚歌劇団】「エリザベート」観客動員250万人達成

Messenger

 宝塚歌劇団の代表作のひとつで、現在、月組トップスター、珠城(たまき)りょう主演で上演中の「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」(潤色・演出、小池修一郎)が20日、兵庫・宝塚大劇場で通算観客動員250万人を達成し、終演後、舞台上で記念セレモニーを行った。トップの珠城は「これからも、さらにさらに、皆さまに愛していただける作品となりますよう、心を込めて舞台を務めまいります」とあいさつした。

 「エリザベート-」が、「ベルサイユのばら」「風と共に去りぬ」に次ぐ偉業を達成したのは、この日の11時公演。終演後の記念セレモニーでは、250万人達成と10度目となる上演への感謝を込めた大看板が舞台上に掲げられた。

 トップの珠城は、「これまで上演した公演に携わったすべての人々のご尽力と、何よりこの作品をずっと愛し、劇場に足をお運びいただきましたお客さまのおかげと、心から感謝の思いでいっぱいです」と感謝の言葉を口にした。そして「東京宝塚劇場公演の千秋楽までどうぞよろしくお願いいたします」としめくくった。

 この日、来場者には、劇場内の看板やアナウンスでセレモニーを告知。来場者全員に、宝塚の「エリザベート」全10作品のポスターをポストカードにした記念品が配られた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ