PR

産経WEST 産経WEST

大阪の少年軟式野球監督が暴力、活動停止に ユーチューブに動画投稿される

Messenger

 大阪府少年軟式野球協会と府軟式野球連盟(いずれも大阪市西区)は20日、松原市にある少年野球チームの50代の男性監督が選手に暴力をふるったとして、無期限の活動停止処分にしたと明らかにした。

 協会によると、監督が昨年7月の練習試合で、当時小5の男児を激しく叱責し、頬を平手打ちする様子が、動画投稿サイト「YouTube」に今年8月、公開された。

 協会には2、3年前から、監督の体罰を告発する匿名の投書があったという。動画公開を受けた協会側の聞き取りに、監督は「暴力は悪かった。深く反省している」と事実関係を認めた。処分は今月6日付。監督登録は既に抹消されている。

 同チームは全国大会で何度も優勝している強豪。プロ野球選手も複数、輩出している。

 協会の池田克彦理事長は「指導者の暴力防止が徹底されていなかったのが残念。二度とないよう将来の指導者育成を図りたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ