PR

産経WEST 産経WEST

【銀幕裏の声】戦闘機「屠龍」プラモ、年末発売へ 搭乗員の故梅田春雄さんの思い継ぐ

Messenger

 「屠龍は万能戦闘機。用途に合わせ何種類もの機関砲を搭載。偵察、爆撃、指揮などさまざまな運用が後部座席でなされていたのです…」

 航空技術将校として、転戦する先々で、その運用を任されていた梅田さんの言葉が、鮮やかに脳裏によみがえった。

 「梅田さんに見てほしかった。もう少しで間に合ったのに…。でも、この屠龍の模型が梅田さんら搭乗員たちの思いを後世へと伝えてくれるのではないか。そんな希望を込めています」。完成間近の屠龍の模型を手に、重田さんは感慨深げにこう語った。

 屠龍の模型は今年11月、英国のテルフォードで開催される国際的なプラモデルの展示会で発表された後、12月に販売される予定だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ