PR

産経WEST 産経WEST

横尾忠則さん、美術館職員遅刻に立腹、作品できず…特別展延期

横尾忠則さん
Messenger

 美術家、横尾忠則さん(82)の特別展を予定していた西脇市岡之山美術館(兵庫県西脇市)の職員が作品制作の場に約30分遅刻したことに、横尾さんが立腹して作品が完成せず、特別展の開催が延期されていたことが19日、分かった。

 美術館によると、横尾さんは西脇市出身。地元をモチーフにした作品などを集めた特別展を今月28日から開く予定だった。

 8月29日、同県多可町の施設で和紙を使った作品を制作する際、職員や学芸員が素材の提供に訪れたが、横尾さんよりも到着が遅れた。横尾さんが「創作意欲が失われた」と立腹して作品が作られず、現在も出来上がっていない。今月14日、西脇市教育長が横尾さんに面会して延期を伝えた。

▼駐輪場77歳スタッフ…実は活動家「全学連」元トップ、こっそりと…

 横尾さんは取材に対し、「問題はそれだけ(職員の遅刻)ではない。タイミングの問題などもある。詳しくは西脇市のほうに聞いてください」と話している。一方、美術館担当者は「創作意欲をそぐ不手際があり申し訳ない。開催に向けて最大限の努力をしたい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ