PR

産経WEST 産経WEST

谷川京都府議の政活費「他にも不適切な支出」 市民団体が返還求め提訴

Messenger

 谷川俊規(しゅんき)京都府議(57)=日本維新の会、党員資格停止中=の平成28年度の政務活動費の一部に不適切な支出があったとして、市民団体「京都・市民・オンブズパースン委員会」メンバーが18日、谷川氏から政活費約100万円を返還させるよう府知事に求める訴訟を京都地裁に起こした。

 市民団体は今年7月、谷川氏の政活費の支出について、京都府監査委員に住民監査請求を行ったが、翌月に棄却された。一方、谷川氏は27、28年度の支出のうち一部を不適切と認め、計約26万3千円を自主的に返還した。原告側は、これ以外にも不適切な支出があるとして提訴に踏み切った。

 訴状などによると、谷川氏は事務員の人件費として約197万円を政活費から支出したが、原告側は事務員を選挙活動などでも勤務させていたと指摘。政務活動の割合が明らかでない場合は費用を案分する必要があるとし、支出は使途基準に違反していると主張している。

 他にも、パチンコ店で遊興した際の駐車場料金や私的な法律相談に伴う交通費を政活費として支出したと主張している。谷川氏は現在入院中で取材に対応できず、府議会事務局は「何も承知していないのでコメントできない」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ