PR

産経WEST 産経WEST

伊丹、神戸の国際線就航、議論急ぐ 台風21号被害で 松本・関経連会長

Messenger

 台風21号による関西国際空港の被害を踏まえた大阪(伊丹)、神戸空港の運用時間や発着枠の規制緩和をめぐり、関西経済連合会の松本正義会長(住友電気工業会長)は18日、大阪市内での定例記者会見で「3空港にどう国際線を振り分けていくかを真剣に考えるべき状況だ」と述べ、議論を急ぐ考えを示した。

 規制緩和は、松本氏が座長を務め、地元自治体や財界でつくる関西3空港懇談会で協議する。松本氏は「(台風被害の)意識が鮮明なときにやった方がいいかもしれない」と今秋にも開催する必要性を指摘した。

 ただ、「急にやれといわれても国際線を(伊丹、神戸で)ぼんぼん飛ばすわけにはいかない」とも語り、空域の安全性や騒音などの環境問題、旅客需要の状況を考慮し、慎重に議論を進める意向を強調した。

 一方、大阪府の松井一郎知事は同日、報道陣に「関空に何かあったときのバックアップ機能の重要性を、関係者すべてが改めて認識した」と語り、3空港懇の早期開催に賛同する姿勢を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ