PR

産経WEST 産経WEST

【ボストンから一言(20)】旧朝鮮総督府の爆破解体「愚かなことをした」 韓国政府に対する嘆きの声

Messenger

 私の友は皆年上なので、学ぶことも多いのに、私を残して先に逝ってしまう。これは辛く寂しいだけでなく、聞いた昔話を確認したくとも、もはやそのすべもない。

 去年の夏に亡くなった韓国人のHさんの語った数多い思い出話のいくつかは、彼女のご主人と中学時代から終生の友だった、現在韓国に住むR氏に確かめることができるので大きな助けとなっている。

 Hさんは、韓国政府の政策にかなり批判的だった。慰安婦問題においても、当時、韓国に住んでいた自身の経験を基に反論していた。賢い上に、なかなかの皮肉屋さんだから、私はHさんの話に「なるほど」と納得しながらも、なにか滑稽でもあった。

 例えば、「韓国人は“大”と付けば、なんでも立派に見えると信じているのです。国名を『大韓民国』としただけでは満足せず、多くの橋にも『大』を付けて新しい橋名を付けました。そんなお金があるなら、国民のために使うべきでした」と話していた。

 ■日本人なら確か

 日韓併合条約を結んだ大韓帝国内閣総理大臣の李完用(イ・ワンヨン)の曾孫で、私の友人の一人であるSさんの家に厚い歴史書「朝鮮史」のシリーズ本があるという話をすると、Hさんは「それは韓国人によって書かれていますか」と聞くので、「いいえ。朝鮮総督府が莫大(ばくだい)な国費を使って編纂しました。なぜ聞くのですか」と問い直した。

 「韓国人は歴史を変えてしまいますが、日本人によって書かれたものなら確かなものですね」と断言するHさんの顔を思わず見つめてしまうこともあった。

 中でも1995年、時の大統領である金泳三(キム・ヨンサム)氏によって爆破解体された旧朝鮮総督府の建物に関しては「韓国政府は愚かなことをした」と怒りと悲しみを持って話していた。

 この建物は、日本統治時代に日本政府によって建設され、建築美術としても非常に価値ある壮大な大理石でできていたという。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ