PR

産経WEST 産経WEST

大分空港で小型機胴体着陸 滑走路閉鎖、けが人なし

大分空港の滑走路に胴体着陸した小型機=16日午後5時24分
Messenger

 国土交通省の大分空港事務所によると、16日午後4時ごろ、大分空港(大分県国東市)の滑走路で小型機が胴体着陸して立ち往生した。このトラブルにより、滑走路が閉鎖となった。

 搭乗員は男性1人で無事。火災も発生していない。空港の運営会社「大分航空ターミナル」によると、けが人はいないという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ