産経WEST

米軍ヘリ長崎で緊急着陸 対馬の2機に続き

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


米軍ヘリ長崎で緊急着陸 対馬の2機に続き

 防衛省九州防衛局は16日、長崎県大村市の長崎空港に15日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のCH53E大型輸送ヘリコプター1機が緊急着陸したと明らかにした。けが人や機体の損傷はなく、民間機の運航に影響もなかったという。長崎県では13日にも、対馬空港で普天間所属の別の同型ヘリ2機が緊急着陸していた。

 九州防衛局によると、長崎空港への着陸は15日午後4時40分ごろ。米軍からは16日午前に「通常の訓練中に、コックピット内の警告灯が点灯したため予防着陸した」と連絡があったという。

 対馬空港に緊急着陸した2機は、普天間から韓国へ向かっていたが、天候不良と燃料補給を理由に緊急着陸。15日午後2時ごろ同空港を離陸した。

「産経WEST」のランキング