産経WEST

大玉リレーでギネスに挑戦、結果は… 兵庫・淡路で「運動会ワールドカップ」開幕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大玉リレーでギネスに挑戦、結果は… 兵庫・淡路で「運動会ワールドカップ」開幕

列を作って大玉をリレーする参加者=15日、淡路市夢舞台の国営明石海峡公園 列を作って大玉をリレーする参加者=15日、淡路市夢舞台の国営明石海峡公園

 参加者が運動会の種目などで競い合う「UNDOKAI World Cup」(運動会ワールドカップ)が15日、兵庫県淡路市夢舞台の国営明石海峡公園で開幕し、参加者らが大玉リレーでギネス世界記録に挑戦した。

 「UNDOKAI-」は、国内外から年齢を問わず参加できる運動会を目指して実行委が例年この時期に実施している。今年は大玉転がしや玉入れ、障害物競走などの競技が用意され、16、17日の3日間で開催される。

 ギネス世界記録は、頭上で大玉をリレーして200メートルの距離を運ぶチャレンジで、標準記録の50秒を切ると認定される。この日は500人を超える参加者が列を作り協力して大玉をつないだ。ベストタイムは53秒で認定には至らなかったが、参加者からは大きな拍手が起こった。

 東京から参加した会社員、東閣宜(たかよし)さん(23)は「認定にいたらず悔しいが、皆で挑戦できて達成感がありました」と話していた。

「産経WEST」のランキング