PR

産経WEST 産経WEST

【今週の注目記事】五輪第一戦に舞い戻ったヒロイン、鈴木聡美…平泳ぎで頂点目指す

Messenger

 これまでの五輪で一大会3個のメダルを獲得した日本の女子選手は2人しかいない。ひとりは今年2月、平昌(ピョンチャン)冬季五輪スピードスケート競技で、金1つ銀1つ銅1つを獲得した高木美帆(24)=日体大助手。もう一人は2012年ロンドン夏季五輪競泳競技で銀1つ銅2つを獲得した鈴木聡美(27)=ミキハウス=だ。快挙を成し遂げた鈴木は21歳でロンドン五輪に出場。その後、世界の主要大会の表彰台から遠ざかったが、今年8月のパンパシフィック選手権の200メートル平泳ぎで久々に銅メダルを手にし、復活を印象づけた。2020年東京五輪にも「ロンドンから8年を経て、メダルを狙っていきたい」と意欲をみせている。(大宮健司)

ジャカルタ・アジア大会の女子100メートル平泳ぎで優勝し、ガッツポーズする鈴木聡美=ジャカルタ(共同)
ジャカルタ・アジア大会の女子100メートル平泳ぎで優勝し、ガッツポーズする鈴木聡美=ジャカルタ(共同)

返り咲いた表彰台

 五輪、世界選手権に次ぐ主要な国際大会として位置づけられているパンパシフィック水泳選手権。8月に東京で行われた今年の大会で鈴木は女子200メートル平泳ぎの銅メダルを獲得したが、これは彼女にとって、ロンドン五輪以来となる主要大会の表彰台だった。「記録もだいぶ戻ってきた。東京五輪に向けていいステップが踏めた」と笑顔を浮かべた。

 ロンドン五輪で、鈴木は女子200メートル平泳ぎの銀、同100メートルの銅、女子400メートルメドレーリレーの銅の3メダルを獲得する、当時では五輪の全競技を通じて日本女子初の偉業を成し遂げた。水に乗る伸びやかな泳ぎは、男子平泳ぎで五輪連覇を成し遂げた北島康介氏の泳ぎに比類すると言われた。ルックスとさわやかな笑顔から、「水泳界の夏目雅子」と騒がれ、一躍スターにのし上がった。

ジャカルタ・アジア大会で女子100㍍平泳ぎで(左から)2位の青木玲緒樹、1位の鈴木聡美=19日午後、ジャカルタ・アクアティックセンター(納冨康撮影)
ジャカルタ・アジア大会で女子100㍍平泳ぎで(左から)2位の青木玲緒樹、1位の鈴木聡美=19日午後、ジャカルタ・アクアティックセンター(納冨康撮影)

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ