産経WEST

【車いすでみるなら(63)】奈良県産食材を楽しめるスポット

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【車いすでみるなら(63)】
奈良県産食材を楽しめるスポット

「大和飴・ならBonbon」の店内。壁一面に色鮮やかな飴が並んでいる 「大和飴・ならBonbon」の店内。壁一面に色鮮やかな飴が並んでいる

 店内の通路は広く、段差もないので、車いすでもスムーズに移動できます。テーブルで支払うシステムもうれしい。

  

 近鉄奈良駅から奈良町へ向かうとき、いつも立ち寄っているのが、もちいどのセンター街にある「きらっ都・奈良」。今年7月、ここにオープンした「大和飴(あめ)・ならBonbon」は、奈良の食材を使った手作り飴のお店です。

 大和伝統野菜の赤カブ「片平あかね」▽吉野産の酒かすを使った「花巴」▽麹から作る「麹あまざけ」▽月ケ瀬産「大和抹茶」▽宇陀産「唐辛子」▽高取産「大和とうき」-など、全12種の色鮮やかな飴が壁一面に並ぶ様子は圧巻です。

 ちょうど友人への手土産を探していたので、いくつか選んで包んでもらいました。自分用には「柿の葉茶」を購入。深煎りした柿の葉茶の香ばしさと穏やかな甘さが相まった優しい味です。瓶のラベルやデザインもすてき。今後、奈良土産の定番にしたくなりました。(波子)

 【プロフィル】波子 昭和49年生まれ。脊柱側弯症、先天性ミオパチーのため、平成26年12月から簡易型電動車いすを使用。便利な道具や文房具が好き。奈良市で生まれ育ち、大阪・東京での暮らしを経て現在奈良市在住。ブログは(http://nam-kid.hatenablog.com/)。

このニュースの写真

  • 奈良県産食材を楽しめるスポット
  • 奈良県産食材を楽しめるスポット

「産経WEST」のランキング