PR

産経WEST 産経WEST

【プロ野球】広島、M6足踏み 大瀬良が背信ピッチ…中日戦5連敗

Messenger

 三回に集中打を浴びて5点を失ったが、味方打線が四回の丸の同点3ランなどでいったんは同点に追い付いた。しかし、この日は大瀬良らしい勝負強さがみられなかった。七回2死から平田に「抜けてしまった」という真ん中のカットボールを痛打され、勝ち越しのソロ本塁打を献上。「直球も走っていたし、全体的に球は悪くなかったが、見直すべき部分も所々ある」と反省を口にした。

 分が悪い中日戦にはこの先嫌なイメージが残ってしまいそうだが、3ランなど3安打4打点と気を吐いた丸は「年が変わったら忘れるんじゃないか」と意に介する様子はなかった。(上阪正人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ