PR

産経WEST 産経WEST

【拳銃紛失】男性巡査、要人警護の経験なかった

Messenger

 県警によると、14日午後、市内で自民党総裁選の決起集会を終え、京都市へ向かう安倍首相らの車両を複数の警察車両が警護。最後尾の車両に乗っていた巡査は助手席の窓から身を乗り出し、身ぶり手ぶりを交えながら車載マイクも使い、進行方向左側の路地から来ようとする一般車両に停止を呼び掛けていた。

 座席に戻る際、左脇の拳銃ホルスターの留め金が窓枠に引っ掛かって外れ、拳銃が窓から落ちた。落下を目撃した警察官は他にいなかった。

 県警は捜索の際、周辺住民に聞き込みをしたが、拳銃の行方が分からなくなっていたことを明らかにしていなかった。県警幹部は「住民に不安感を与えたくなかった」と説明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ