PR

産経WEST 産経WEST

【拳銃紛失】「拾った住民が善人でなかったら…」 警察、不祥事相次ぐ

Messenger

 警察官が所持する拳銃をめぐっては今年6月、富山県警の交番(富山市)で警察官が刃物で襲われて殉職。強奪された拳銃で小学校にいた警備員の男性が撃たれて亡くなるという痛ましい事件が起きている。今回の和歌山県警の実弾入り拳銃紛失について警察庁OBは、「拾った住民の方が善人でなかったらと思うと、ぞっとする」と語った。

容疑者脱走

 一方で、不注意や組織の“緩み”による不祥事も続いている。8月、勾留されていた大阪府警富田林署の面会室から逃走した樋田(ひだ)淳也容疑者(30)=強制性交容疑などで逮捕=は、1カ月を超えた現在も逃走中。府警は連日3千人態勢で捜索を続けているが、確保に至っていない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ