産経WEST

【関空不全~台風21号の爪痕(中)】海上空港の“死角”地下施設リスク 「護岸偏重」のツケも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関空不全~台風21号の爪痕(中)】
海上空港の“死角”地下施設リスク 「護岸偏重」のツケも

 分厚い鉄扉の表面には、無数の草の切れ端が帯状に張り付いていた。

 台風21号の被害からちょうど1週間が経過した今月11日。報道陣に公開された関西国際空港第1ターミナルビルの地下1階「高圧電気室」には、関西の“空の玄関口”を機能不全にした台風の爪痕が、くっきりと刻まれていた。

 床上80~90センチのあたりに残る草の切れ端は、流れ込んだ海水の痕跡だ。浸水防止のため扉の下部に設置された止水板(高さ40~50センチ)の高さを優に超えており、空港全体に電気を供給する関空の「心臓部」が完全に海水に漬かっていたことを物語っている。

  浸水「不可抗力」

 台風21号のもたらした強風で、いかりごと船が流される「走錨(そうびょう)」に見舞われたタンカーが連絡橋に衝突し、関空は文字通り「孤島」となった。取り残された利用者や従業員計約8千人が見舞われたのは、大規模な施設内の停電だった。

 地下に計6室ある電気室の中には、関空島に送られてきた電気の電圧を変えてビル内に送り出す変電器がある。台風が通過した4日、高潮による海水がスロープを下って地下に流れ込み、このうち3室の変電器が水をかぶった。

続きを読む

「産経WEST」のランキング