産経WEST

【大学発 社会をつなぐ】スポーツで子供の未来づくりを支援 京都学園大(上)健康医療学部健康スポーツ学科2年、坂本帆駿さん(19)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大学発 社会をつなぐ】
スポーツで子供の未来づくりを支援 京都学園大(上)健康医療学部健康スポーツ学科2年、坂本帆駿さん(19)

子供たちと談笑する坂本帆駿さん 子供たちと談笑する坂本帆駿さん

 6月下旬の土曜日。京都府亀岡市の市立曽我部小学校の体育館に1~6年の児童約20人が集まった。地元の京都学園大学健康医療学部健康スポーツ学科の学生らが放課後や休日に学校に出向き、スポーツを通して児童と触れあう。若い世代が京都府の補助を得て進める「子ども未来づくりサポーター活動支援事業」だ。

 「さあ競争するぞ!」。会場で呼びかけたのは2年の坂本帆(ほ)駿(だか)さん(19)。今春から事業の学生代表を務めている。子供たちはソフトディスクを使ったドッジボール形式のゲームや輪くぐりなどで汗を流し、坂本さんは「みんなを笑顔でいっぱいにしたい」と話した。

□   □

 この取り組みが始まったのは3年前。女子バスケットボール部の有志が地元の子供たちを対象にバスケ教室を開催したのがきっかけだ。地域文化を知ろうと日本画の巨匠、円山応挙を輩出した地元の金剛寺を子供たちと一緒に訪ね、料理教室やアニメづくりなどの活動を展開。現在は健康スポーツ学科の学生が中心に活動する。

続きを読む

「産経WEST」のランキング