PR

産経WEST 産経WEST

【今週の注目記事】豪雪で傷手、今も…福井市、新幹線開通控え「次の雪」におびえる

2月、車が立ち往生した福井県内の国道8号(右上から下)。豪雪への対応で財政難となった福井市は緊縮財政を掲げるが…
Messenger

 2月の豪雪の影響で平成30年度決算が赤字の見込みとなった福井市が財政再建計画を発表した。事業の見直しや人件費の圧縮、公共施設の民間譲渡などで30~35年度に約160億円の財政効果を上げ、底を突いた財政調整基金30億円以上の確保を目指す。ただ、同市は31年4月の中核市移行のスケジュールで動いており、35年春には北陸新幹線福井開業も控える。緊縮財政下での大型案件はギリギリの対応を求められている。

コストカット

 「計画していた事業が実現できないのは、うそつきといわれるかもしれない」。東村新一市長は8月20日の記者会見でこう述べ、頭を垂れた。

 財政再建計画には事業の縮減や中止(81億5800万円)、職員の適正配置などによる人件費圧縮(20億3200万円)のほか、団体への補助金一律10%カットといった市民活動に影響を与えそうな項目も含まれる。一挙に片付けるには市有財産の売却による穴埋めが理想だが、「そこまで大きな財産は…」と市の担当者はこぼす。

 近年の市の財政を圧迫した案件には北陸新幹線の開業などの大型事業や学校の耐震化などによる建設費の膨張がある。新幹線開業に備え、平成28年にオープンしたJR福井駅前の再開発ビルは、総事業費141億円のうち50億円を市が負担。周辺の道路整備などにも約195億円を計上するなど、20~28年度の建設事業費は1500億円を超えた。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ