産経WEST

「10月1日再稼働厳しい」伊方3号機で四国電社長

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「10月1日再稼働厳しい」伊方3号機で四国電社長

 四国電力の佐伯勇人社長は14日、東京都内で記者会見し、昨年12月に広島高裁が今月30日までの運転差し止めの仮処分を決定し停止中の伊方原発3号機(愛媛県伊方町)について「10月1日の再稼働は非常に厳しい」と述べた。

 佐伯氏は、決定を不服として四国電が広島高裁に申し立てた異議審の審理が8月に終結し、今月中にも判断が出る可能性があるとの見通しを示した。

 その上で、3号機の再稼働には設備の再検査が必要になるとし「直ちに燃料を装填できる状況ではない」と説明。再稼働時期に関しては「具体的なことを詰めている段階で、控えたい」としながらも「あくまで希望だが、年内には(再稼働)するつもり」とも語った。

「産経WEST」のランキング